このブログについて

赤ちゃんの足首が乾燥してあかぎれに!自宅でできる対処方法は?

次女コー(6ヵ月)が産まれて数ヶ月した頃、左足首乾燥が目につきました。

それまで毎日お風呂上りにクリームを塗っていましたが、昼間も気になったら惜しみなく塗るようにして、しばらく様子をみたものの改善せず。

コーは冬産まれのため、特に乾燥する時期だから仕方ないのかな?と加湿器+クリーム(ときどきワセリン)にて対処していました。

[char no=”1″ char=”りかママ”]乾燥してるけど大丈夫かな?[/char]

気付けば6月になっても改善しないどころか、ある朝ベビーベッドに敷いていたバスタオルにあちこち血がついていて、あかぎれになっていました(>_<)

さすがにこれは病院に行かないとダメかな?と思ったのですが、その前に自宅でできる対処方法がないか調べましたので、同じような状況のママさんたちの参考になったら幸いです。

赤ちゃんの足首の乾燥と自宅でできるケア

赤ちゃんの足首

足首のあかぎれを自宅でケアしようと思った経緯

こちらはコーの右足首です。こちらはなんともありません。

今回あかぎれになったのは左足首です。

いつも同じようにケアしているつもりなのにどうして右と左で違うんでしょうね?

赤ちゃんの足はむっちりしているので、足首では上下の皮膚が運動するたびにこすれて炎症を起こすことがよくあります。間擦疹(かんさつしん)と呼ばれるものです。また、ズボンなどで足首がすれて炎症を起こすこともあります。よく足を動かす時期でもあるので、シーツなどで足首がこすられているということもあるかもしれません。さらに、その炎症のためにかゆみが出て、足と足をこすり合わせることで炎症がいっそう悪化することもよくみられます。 

赤ちゃん&子育てインフォより引用

上記サイトになるほど!と思うような記事が載っていました。

確かに赤ちゃんの足ってむっちりしているからこすれそうなのもよくわかります。でも、右と左でこんなにも違うのはなぜなんだ~??

その答えは出ないままなんですが、さすがに血が出るまでひどくなってしまったのは親として反省。その上で、これからでも病院に連れて行こうかどうしようかと真剣に考えました。

[char no=”1″ char=”りかママ”]近くに知り合いもいないし・・困ったな[/char]

ところがこの日は平日な上に猛暑。皮膚科はもちろん平常運転で混雑しています。私は普段、平日の姉妹の子育ては一人でしています。実家も他県なので、すぐには母を呼べません。

急病とか熱があったりしたら他のサポートも考えて必死に病院に連れていったでしょう。ただ、今回の場合2人を連れて自宅から遠い皮膚科まで歩いて行くのは考えものでした。

そこで、土日になったらもっと皮膚科は混むだろうし本当は連れていきたいけど、その前に自宅でできるケア方法はないのかな?と思ったんです。それが、今回コーの足首のあかぎれを自宅ケアをしようと思ったきっかけです。

あかぎれを自宅ケアする際に用意したもの

ハイドロパッドと絆創膏で傷を治す

ハイドロパッド

コーの場合はあかぎれで血が出てしまっていたので、まずは普通に消毒。その後で絆創膏を貼ろうと思いました。そこで、キズパワーパッドのようなものが自宅にあったことを思い出し、使ってみることにしました。

こちらは浅田飴のハイドロパッドというもので、ドラえもんの絵がかわいいので2歳のナーもときどき使っています。私には浅田飴と絆創膏が結びつかないのですが(笑)

[char no=”2″ char=”ナー”]どらえもーん![/char]
ハイドロパッド

この大きさで5枚しか入っていないので、我が家では傷の大きさに合わせて小さく切って使っています。

ハイドロパッド

キズパワーパッドやハイドロパッドは普通の絆創膏に比べると高いので、こんな風にすると使える回数が増えて助かります(笑)

ハイドロパッド

こちらが実際にハイドロパッドを貼ってみた様子。ドラえもんかわいいですよね^^

このまま様子を見たんですが、コーはすぐに剥がしてしまいました・・

絆創膏

ハイドロパッドがもったいない(;_;)これならどーだ!と絆創膏を上から貼ってみました。

まさかのこれでもコーは足の動きを駆使してすぐに剥がしました。

ちーん。

[char no=”1″ char=”りかママ”]やっぱりだめか・・[/char]

レッグウォーマーで絆創膏をガード

レッグウォーマー

それならこれはどーだ!!と、ナーが小さいときに使っていたレッグウォーマーを履かせてみました。サポーターのようなものを探していたんですが、コーにはこれで十分。

が、しかしこちらも瞬殺!なんてこったい(;´∀`)

[char no=”3″ char=”コー”]きゃっきゃっ[/char]
赤ちゃんの足

このあんよ、すっごく動くんですよね~!かゆいのかな?

靴下でさらにガード

レッグウウォーマーと靴下

続いての作戦は、くつしたです。

この時期ちょっと厚いかもしれないけど、ここは我慢してもらうしかありません。傷が良くなるまでの我慢よ~と思っていると・・

赤ちゃんの爪

なんと!右足の指先をとっても器用に動かしている!いつの間にこんなことができるよになったの~??とある意味コーの成長を感じる出来事でした(苦笑)

でもこれで、左足だけやってもダメなんだ!ということがわかり、なんでもない右足もがっちりガードすることに(/・ω・)/

赤ちゃんの足

最終的にこの状態に落ち着きました(笑)

たまにこれでもダメなときがあるので、そのときは長めのズボンを履かせます。ここまでくればおそらく生後6ヵ月くらいの赤ちゃんなら大丈夫でしょう。

爪切りで爪を切るのも大切

赤ちゃんの爪切り

普段から赤ちゃんの爪切りはマメにされている方も多いと思いますが、今回のように赤ちゃんの足首に傷ができてしまったときに、見直すこととして、爪きりはとっても大切です。

コーを見ていても思うのですが、指先をよく動かして絆創膏をとってしまうからです。そのとき爪で余計傷口を傷つけてしまう恐れがあるので、いつもより短めに爪切り(できれば赤ちゃんようの爪やすりも)もしておいた方が無難かと思います。

赤ちゃんの爪切り

こちらのはさみは赤ちゃん用として売っているのですが、先が丸くてとても使いやすくてナーのときから使っています。さすがにちょっと色あせてしまっています(笑)

赤ちゃんの足首を乾燥から守るには

赤ちゃんの足首

2日目でここまで治ってきました。

あとは乾燥がひどくならないように、いつもより低刺激のクリームなどを使ってみたり、赤ちゃんの周りに刺激になるようなものがないか確認したり、お風呂での洗い方を見直したりして気長に治していきたいと思います。ぶり返さないようにするには、ワセリンなどを塗っておくといいみたいです。

赤ちゃんに使える低刺激のクリームをみてみる

赤ちゃんの足首の乾燥によるあかぎれのケアまとめ

赤ちゃんはもともと乾燥しやすくなっているようです。赤ちゃんの足首が乾燥してしまったときは、日頃のケアを見直し刺激からお肌を守るようにしましょう。

あかぎれになってしまったときは、慌てず自宅でケアしてあげることで悪化を防げます。傷がもっとひどくジュクジュクしていたり、慢性的に続くようなら皮膚科を受診し専門家のアドバイスをもらうことも大切ですね。

参考になる情報はありましたでしょうか?お子さんの体調や状況に合わせて対処してみてくださいね。