このブログについて

ベビーグッズ

私が実際に使用したベビーグッズを紹介します♪

チャイルドシート

コンビ ゼウスターンS

回転式シートなので乗せ降ろしをする大人の方向にチャイルドシートを向けることができて楽ちんです♪子供は機嫌が悪いと暴れて乗ってくれないこともあるので、今でも回転式にしてよかったと思っています。新生児~4歳まで使用できるのもポイントでした。初めは後ろ向きで使うのですが、今では子供も大きくなって大人と同じように前向きで乗っています。

チャイルドシートを購入するときは自宅の車に使用できるものかどうかをよく確認することが大切です。チャイルドシートを乗せる位置を決めるときは、斜光カーテンをつけても運転の邪魔にならない位置にするといいかもしれません。うちのパパは何度か付け替えていました(笑)チャイルドシートは高額なものが多いですが、子供の安全が第一なので安全基準に合ったものかどうかをしっかり確認して慎重に購入しました。

ベビーカー

コンビ グランパセオ オート4キャス エッグショックSC

コンビのベビーカーといえばメチャカルシリーズが人気ですが、調べていて口コミなどを見て気になったのが、軽すぎるがゆえに転倒してしまうというところ。

実際に友達も「スーパーでベビーカーにつけたフックに買い物カゴをかけていたら、だんだんカゴが赤ちゃんの体重よりも重くなって突然倒れてとても恥ずかしい思いをした」といっていました。案外軽すぎるのも不自由なことがあるんだなあと思い、考えた結果6.4kgあるこちらのベビーカーを購入しました☆

おかげさまでちょっとやそっとじゃ倒れません!ヘッドサポートとしては衝撃から守る『エッグショック』が内蔵されているので安心ですね。サンシェードが大きいので日差しが強くても気になりません。クッションもふわふわで、ナーはいつも気持ち良さそうによく寝ます。操作性とバスケットがもう少し大きければ尚よかったかな・・?とはいえとても重宝しています。

抱っこひも

エルゴベビー ベビーキャリア

もともとは新生児から使えるお下がりの「コンビのニンナナンナ マジカルコンパクト」を使用していましたが、ママ友と遊んでいるときに私だけ肩が痛かったので相談したところ、私の抱っこひもはみんなのものと比べて肩ひもの幅が狭かったりクッション性が無いことに気づきました。ビョルンやエルゴのママ友たちはとても楽そうだったので、後日お店に行って試してみてデザインも豊富なエルゴベビーを購入。あまりの快適さに驚いています( *´艸`)

今までのはなんだったんだー!という感じですが、今後兄弟ができたら新生児のときはこのまま使えないので(別売りのオプション品が必要)新生児期はコンビにして、首が座ったらエルゴという使い分けにしようと思います♪

肩と腰で支えるエルゴベビーは赤ちゃんをしっかり抱っこできて安心です。しいていうなら、一度サイズ調節をすると簡単には変更できないので、すぐにパパと交代したいときなどは多少不便かもしれません。時間に余裕がないときに交代するのは厳しいので、あらかじめ抱っこひもを使う人を特定しておいた方がいいです。ほとんどの方がママになるのかと思いますが。うちは実家の母が来て手伝っくれたときに一度広げたサイズをしっくり自分に合ったサイズに変更するのに時間がかかりました。腰だけでなく肩付近の調節も必要になるからなのですが・・体型がそれほど変わらない方と共有する分にはそんなに問題ないと思います(笑)

ベビーベッド

ホクソンベビー(レンタル品)

初めは里帰りを予定していたため、お下がりの「アップリカのココネル」を使用しようと購入していました。ココネルは折畳み式で持ち運びに便利なのと、ベッド部分を外せばプレイヤードにもなり、荷物を収納することもできるのでよかったのですが、事情があって里帰りはしないことになりました。実家に帰らないのであれば、住んでいる市で無償でレンタル品を提供してくれるサービスがあるので、そちらを利用していました。

ココネルはサイズが小さめなので、ベビー布団もミニサイズを用意しなければなりません。普通サイズのベビーベッドは広くてナーも快適そうでした♪今は返却してしまいましたが、つかまり立ちを始めた9ヵ月くらいまで使用していました。ベビーベッドを使うのは一時的なので、ベッドは場所をとるので使わなくなったら返却できるというのも良い点です。ココネルは今は収納として使用しています(笑)

ベビーチェア

 カリブ

ベビーチェアといえば「バンボ」と思っていた私。なんとなくバンボに憧れていたのですが、ママ友が実際にお店で試してみたところ、「うちの子は太ももが太くて抜けなくなりそうだった」といっていました。お座りがなんとなくできるようになってきて、ちょっと家事に専念したいときに少しでもおとなしく椅子に座っていてくれたらありがたいですが、抜けなくなってしまったら怖いなあと思い、調べていたところ「カリブ」というものがあると知りました。

バンボはお値段もそこそこですし、テーブルも別売りですがカリブはバンボの半分くらいの価格なのと、何より太ももに余裕があるんです。テーブルをはめるのが慣れないうちはちょっと難しいかもしれませんが、すぐにコツがつかめると思います。太もも部分に余裕があってもテーブルをつければ抜け出す心配はありません。うちの子はもっと小さいときに太ももがパンパンだったので、カリブにして本当によかったと思っています。カリブでも一時期は座らせると血がとまってしまうのか。足の色が次第に悪くなっていくほどでしたから・・( ;∀;)今ではハイハイやタッチをするので足も細くなっていい感じです♪

哺乳瓶

ピジョン 母乳実感

哺乳瓶は購入前にアカチャンホンポに行って詳しい説明を聞いてきました。ダントツで人気なのがピジョンの母乳実感ということで、哺乳瓶の乳首が母乳に近いということで人気なんだそうです。産院でも母乳実感ではないですがピジョンの哺乳瓶が用意されていたこともあり、迷わずこちらを購入。産院の乳首とは違いますが、すんなり飲んでくれて未だにお世話になっています。

月齢によって乳首を替えなければなりませんが、乳首はゴムでできているのでいずれ交換しないといけませんし、衛生的でいいと思います。月齢によって吸う力が変わってきたりするので乳首の穴のカットなどが異なるようです。うちには240mlサイズと150mlサイズを2本ずつ、徐々に買い足して合計4本あります。授乳は混合なので必須アイテムです。

食器セット

リッチェル ベビー食器セット

<セット内容>
離乳食ごちそうプレート、食器用吸盤、めんカッター、やわらか育児スプーン、にぎにぎスプーン・フォーク(ケース付)、電子レンジ用おかゆクッカーE、離乳食お茶わん(レンジフタ付)、離乳食お茶わん、離乳食スタートカップ、コップでマグ

離乳食初期から自分で食べられるようになるまで必要なものがほとんど入っています。外出用にフタ付きのお茶椀やスプーンとフォークにケースがついているので、持ち運び用に別で用意する必要がありません。おかゆクッカーがついているので便利です。めんカッターもプレートもかわいいですし、コップ型のマグやお茶椀も2つついているので長く使えます☆

マグマグ

ピジョン ぷちストローボトル

初めはピジョンの乳首・スパウト・コップ・ストローと段階的にストローが使えるようになる練習セットを購入したのですが、スパウトが苦手なようでそこから進められないなあ~と悩んでいたところ、ママ友の一人が、「意外とストローを持たせてみると飲みますよ」と教えてくれました。持っていたセットにもストローはついているのですが、段階的に形状が変わるタイプなので、逆に構造が複雑で洗いにくかったり持ちにくそうだったりするのが気になっていました。そこで、ママ友が使っていたものと同じこちらのストローボトルを購入したところ、とっても持ちやすそうでしたし、実際にすぐに飲めるようになり保育園でもストローで一人で飲めるのすごいね♪と褒めてもらえるようになりました。こちらのストローボトルは価格も安く近くの薬局でも取り扱いがあるので手軽に手に入ると思います♪とても気に入ったのでうちでは2つ色違いで常備しています。

ベビーサークル

日本育児 ミュージカルキッズランド スクウェア

こちらのベビーサークルはトイザらスのネット通販で購入したのですが、壁面におもちゃがついているパーツがあってときどき楽しく遊んでくれていいです。

でもこのサークルにとりあえず入れておけば安心してトイレに行けるので、しばらく頼りになりました。パーツの下に滑り止めがついているので倒れにくくなっています。途中からナーが「出してー出してー」といわんばかりに泣き叫ぶようになったので、今は外しています(笑)

バスグッズ

スイマーバ うきわ首リング

うちの子はお風呂でよく泣くので、お水を嫌いになってほしくないな~と思い、ネットで話題の「スイマーバ」を購入しました。首がすわらないうちは首につける浮き輪なのですが、これをつけていれば一緒にお風呂につかることができます。首がすわって体重が増えてきたら別売りの胴回りにする浮き輪が使えるようになります。

一人でお風呂に入れておくことはできないですが、気分よくぷかぷかと浮かんでいる姿を見るととても癒されます♪ナーはなぜかスイマーバをつけているときはとてもおとなしいです(笑)これで水に慣れてくれたらいいですね。